車が高く売れる時期とは?

1月~3月は高く売れやすい

車が高く売れる時期は、1月~3月とされています。この時期は就職や入学などで新しい生活を始めるために、車を購入する人が増えるからです。また、冬のボーナスの時期とも重なるため、ボーナスを使って車を購入する人もいます。車の需要が高まる季節であるため、中古車販売店もできるだけ多くの車を確保しようと、少し高めの料金で買取ってくれるのです。また、自動車税は4月以降の分をまとめ払いするため、3月までに売却してしまえば自動車税の支払いの必要もなく、売れた後に還元手続きなどの面倒な作業もありません。4月に売るつもりであるなら、少し時期を早めて3月中に売り切る方が高く売れるだけでなく自動車税の支払い・還元に関しても楽になります。

売れる時期まで待つ必要はない

中古車市場において売れる時期はありますが、わざわざ売れる時期まで待ってから売却する必要はありません。車は1日でも新しい方が価値があるため、長く手元に置いておくほど買取価格が下がっていきます。また、車の買取価格は走行距離も考慮されるため、長く保有しているほど走行距離も増えてしまいます。特に、5万キロ、10万キロという節目の数字を超えると、買取金額が大幅に下がってしまいます。4万9000キロと5万キロでも、買取価格で2万円~3万円の差が出ることもあります。10月に売りたい車をわざわざ売れる時期である1月~3月まで待ってから売った場合、10月に売る方が高額で売れる可能性が高いでしょう。思い立った時にすぐ売却するのがベストです。