中古車にかかる費用を知り、予算を決める

車両本体の価格以上の支払いが必要になることもある

中古車が50万円で売っていたとしても、50万円支払っただけでは運転できるようにならないケースも多いです。実は車両本体のほかに支払うべき何かしらの費用が存在することがあるからです。そのため、予算を考える場合は、総額でいくら支払うか考慮したうえで決めるようにしましょう。車両本体にすべての予算をつぎ込んでしまうと、購入後に支払うべきお金が多すぎて困ってしまうかもしれません。車両本体価格以外に支払うべきお金は法定費用として、自賠責保険料や自動車税などいろいろあるので、分からない場合は中古車店に聞くようにしましょう。ちなみに、それらの費用を支払うためには手続きが必要ですが、多くのものは中古車店に任せれば代わりにやってくれます。

車検について知っておこう

購入しようとしている中古車の車検がまだ残っているなら、車検料を支払う必要ありません。しかし、一日でも切れている場合は、整備をしてもらい、車検を通すための費用がかかるので気をつけましょう。車両本体とその他諸々の費用をせっかく支払っても、車検が切れていれば、公道を走ることは一切できないです。なお、その費用は結構高い場合があり、場合によっては10万円を超えてしまうケースもあります。そのため、車検のことをしっかりと考えていなければ、大きく予算を上回ってしまう場合もあるので注意が必要です。ほとんどの場合、整備は購入する中古車店にお願いしてやってもらうことになるため、いくらくらいになるのか確認してみましょう。

中古車を利用することで格安でカーリースが可能となるサービスを「中古車のリースサービス」と言います。眠っている中古車の有効活用にもなり、ユーザー、業者、双方にメリットがある優れたサービス形態です。